ネジザウルスRXという新しくなったネジザウルスを貰っちゃった

2015年11月29日
0
0
道具・工具

ネジザウルス

仕事でも役に立つ道具。ネジザウルス。そんなネジザウルスの新製品をタダで貰ってしまいました。

ネジザウルスRX

早速!

こちらが頂いたネジザウルスRX 新製品です

過去のネジザウルスとの違いはその大きさ

全長200ミリほどとサイズが大きくなっております

腰道具のホルダーや袋などに、常時身につけておくには若干かさばる大きさですが、扱いやすくなりました

ペンチやニッパーなどのように手で握って挟んで使う道具は、サイズの大きい方が力を入れやすくて楽に使えるんです(個人感)

刃先も大きくなったのでホールド感もアップ

ネジの頭をガッツリ捉えて、より力技で回せる様になったのではないでしょうか

ネジ山が潰れてる!

仕事上、ドライバーで緩(ゆる)ませる事の出来ないネジなどに出くわす事があります

潰れていたり、塗装で埋まっていたり、錆びていたり、と様々

見た目ですでにネジ山がダメになっているネジやビスなど

ネジなどの頭には、プラスやマイナスや多角形等、図形型のネジ山が刻まれています

そのネジ山の形にあったドライバーなどの回すための工具をネジ山に入れて回転させるのですが、ネジ山がダメになっていると形が合わず回転させる力を伝えきれないので回せなくなってしまいます

ネジ頭の中で工具の先端が空回り

蓋などを開けたいのにネジ山が潰れていたりすると緩められないので蓋が外れず、作業を進められないので嫌になります

外すだけならネジの頭を飛ばしてしまえば蓋は開きますが、ネジの胴体がネジ穴に残ったままになったりして、再びのビス止めの復旧に余計な時間を労してしまい却って面倒な事にもなります

ネジは回して抜き取るのがやっぱり1番

そんな時に重宝するのがネジザウルスなのでした

初代ネジザウルス

初めて買って便利さに驚き、今も重宝して使っているのが初代のネジザウルスです

重宝している為、予備として常にもうひとつ持っていますが、使わず仕舞い込んだままなので中身は新品ですがパッケージは年季入りです

今回頂いたネジザウルスRXよりは小さくコンパクトでも、機能は一緒

コンパクトな分、取り回しも良かったりします

ネジを挟んで回す為の製品

ネジ山が潰れてドライバーなどでは回せないから挟んで掴んで回します

でもコレがホントにネジの頭を掴むんです

昔はペンチやプライヤーやニッパーなどの刃先でネジの頭を挟んで回してましたが、ネジの締付けが強いと挟んだ刃先が滑って太刀打ち出来ません

しかも、強く回そうと力を入れてグリップを握っているから滑って刃先が閉じると握っている指先をそのままの勢いで挟んでしまってコレが痛い痛い

繰り返すと滑って指を挟んだ痛さがトラウマになり、力を込め切れなくなってしまいます

そんな自体を回避してくれる道具がネジザウルスだったのです

ネジの頭を挟んで回す為に考えられた刃先を持ったペンチ

パッケージにも書かれている様にタテ溝がキモだそうです

特徴的な刃先のタテ溝

ネジザウルスは他のペンチやプライヤーとは違って刃先にタテヨコ2方向の溝が刻まれています

こんな工夫で滑りづらくなるんですね

そしてこのタテ溝がキモなだけあって溝が潰れてくるとビスの頭を掴む能力がダウンします

パッケージの図や写真のように上から挟んで回しづらい時などは寝かせて挟んだり、しぶといビス相手に強引に回したりすると、ダメになりやすいです

その辺りの注意はちゃんと書かれているのですが、ビスを外すのが目的なので溝が潰れようとも回せるなら回してしまうんです

なので、予備としてもうひとつ常備してあります

今度の新しいネジザウルスはサイズが大きくなって作業しやすくなったため、より力を加えやすく、回しづらさが薄れた感ありで、使えそうな気がします

…が、使ってなんぼの道具なのに、もったいないなくて、いまだに使わず仕舞い

2個ももらったのに

試供品ですから使って試さないと…

でもネジの頭が潰れて回せない時はネジザウルスです

ネジの頭を飛ばす前の最後の頼み

 

関連記事
Posted by 先ずはビールをお願いします。

Comment 0

There are no comments yet.