DBLTACTの針金を無くした収納具ファスナー式バケットがそこそこイイ

2018年11月12日
0
0
道具・工具

収納バッグ

ちょっとしたアイデアな収納バッグ、針金式よりも使えるか?

DBLTACT

作業工具や用品、電動工具類の他に園芸用品等まで幅広く取り扱っている、ツールメーカー『株式会社三共コーポレーション』のブランド製品のひとつが『DBLTACT』です

藤原産業株式会社の『SK-11』『e-value』といったブランド製品と並び、どこのホームセンター等でも見かけます

そんなDBLTACTの製品

中でも多く見かけるのが、収納具である収納バッグや、腰袋類ではないでしょうか

探してみれば、DBLTACTとタグのついた製品が、最低でも1つや2つ見つかるはずです

しかもお値段お手頃

品数も豊富にある為入手しやすく、価格的にも買い替えや、買い増し購入が気楽にできます

そんなDBLTACTから出ていた、ファスナー式の収納バッグを買って使ってみたら、そこそこ使えて便利だったのです

 

現場でよく見るツールバッグ

ファスナー式のバッグの前に、ちょっと他の収納具を…

現場の職人さん達も、ふらっと立ち寄る事のあるホームセンター

DBLTACTの収納具製品も、いろいろ扱われていますから、購入する人も多いです

なので、今回のファスナー式とは違いますが、現場でもよく見かけます、DBLTACTのツールバッグ

コレとかね

オープンタイプでグリップ付、バッグの中と外に収納ポケットが多めにあって、手頃なサイズながら、多様な収納が出来るので人気のツールバッグ

2、3個持ってるなんて人もざらです

よそ様の物ですが、こんな感じでたくさん収納したまま、持ち運べます

車に載せておくポジションがない為に持っていませんが、DBLTACT製品では、1番売れてるんじゃないかと思う収納具です

バスケットタイプ

現場に道具を搬入する際や、現場内での移動や車での道具収納等、収納用品は必需品と言っても過言ではないでしょう

現場の職人さん達は、いろんな収納具を持ち歩いてます

DBLTACTの製品ではないですが、バスケットタイプの物もあります

当然ながら、スーパーの買い物かごよりも丈夫

必要な道具や工具類、材料を持ち運ぶのに便利

安定感もあるので、積み重ねて車に載せておく事も出来るし、容量も入ります

バスケットタイプなので、かさばってしまうのと、かごの目から細かい物が飛び出てしまうのが弱点ですが、使い勝手は良好です

折りたたみ式

オープンタイプ、バスケットタイプ、折りたたみ式タイプと、バッグ系の収納具は、これらのどれかになるかと

中でも好きなのが、折りたたみ式のタイプ

丸型のバケツタイプから、四角型のバケットタイプ等、いずれも使わない時は折りたたんでおけばコンパクトになるので、車にも載せて置きやすく、数載せておいてもそんなに邪魔になりません

使いたい時に組み立てるだけ

バッグの重さも軽く、手軽にズタ袋代わりや、ゴミ箱代わりに使えたりもして便利

1個2個、空の折りたたみ式バッグが予備としてあるだけで、ちょっとした時にも便利なのです

バネ式のポンとポッアップするタイプの物から、針金をフレームとして、形作るタイプ等、折りたたみ式のバッグも、いろいろ出てます

数が足りなくなると買い足すので、ホームセンター等で売っている、安いのを何個も使用

ただ、やっぱり安物品は耐久性が低いです

ポップアップ式のバケツタイプは、中の針金が飛び出てきたり

ビョ~ンと突き出た針金

結構丈夫な針金で、一度、突き破って飛び出ると、戻しても飛び出てきますから

飛び出た部分は、都度、サンダーでカット(笑)

針金をフレームにするタイプは、針金がひん曲がったり

ピンと真っ直ぐだったのに、くの字に曲がった針金のフレーム

製品として、寿命と言えば寿命なのかもしれませんし、耐久性のあるイイやつを買えば、こうはならないのでしょうが

けど、値段が安いのは魅力なんです

頑丈な製品物を1個買う値段で、3~4個買えちゃうぐらいの手頃価格

ちょっと使いには、機能的には安物品でも一緒です

ただ、紹介記事の様に、バネが飛び出ても切断すれば使い続けられますが、フレームが針金の物は、ひん曲がってしまうと、どうにもなりません

形も維持してくれないし、強度も弱くなってしまいます

そうなると、買い直すしかありません

針金式は、バネ式よりも安いですし

…で、買い直しにホームセンターに立ち寄ってみると「針金式はもう古い」とキャッチコピーの書かれた、ファスナーで組み立てる新たな折りたたみ式バッグが、針金式と共に売られていたのです

ファスナー式バッグ

四角型のバケットを成形するのに、針金をフレームとして出来上がるのが、針金式の折りたたみバッグ

上部を開放面より、上からコの字形で両側面に付けられている針金のフレームを立てると、それが角面での骨となってバケット形になりますが、力を加えれば曲げられる程、若干丈夫ではない為、使用状況や仕舞状態によって変形してしまうのです

なので食いつきました

針金ではなく、ファスナーで組み立てるファスナー式のバケット

四角い形で、ペタンと折りたたまれた状態

開くと底の部分が開放しており、ファスナーで閉める仕様

ファスナーを閉めます

閉まって底が完成

このままだと布地のままなので弱い為、内側の一辺に底板が付いてます

倒すと底板になり、バッグ完成

バッグの四辺には補強材が入っていますが、折りたたみ式の為、角には何も入っていないので、状況によっては平行四辺形の様に歪みますが、対して問題ありません

ショルダー用のフックも付いているので、別売のベルトを取り付ければ、肩からも担げます

四辺に補強材が入ってるおかげで、バッグとしては四辺が布地だけだった、前の針金式よりも若干丈夫に感じられ、キリ先の付いたままのドリルを収納しても突き破れません

畳めばダンボールの様に平らになるので、仕舞勝手もいいです

持っている安い物だらけの折りたたみ式の中では、形と容量的にも1番良さげかも

タイトル通り、そこそこイイです

同じ様な人がいるのか、このサイズの物が、2個しか売っていなかったのが残念でした

この発想なかったです(笑)

確かに針金式は、もう古いかもしれません

針金式買うならコッチかも


 

関連記事
Posted by 先ずはビールをお願いします。

 

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply