先ずはビールをお願いします。

先ずはビールをお願いします。

まさかのアンテナ不足





台風によりアンテナ破損


※この記事は2018年10月に書かれています

カテゴリー5のスーパーハリケーンと同一クラスとされる猛烈な強さの台風が日本列島を直撃し観測史上稀にみる暴風により各地で被害をもたらした2018年9月の台風24号、その威力の影響は普段気にもしないような物へも被害を与えておりました

その内のひとつがテレビ放送を受信する為に設置されているテレビアンテナです

テレビ放送は見ててもアンテナって気にかけませんよね



家の屋根や集合住宅の屋上等に設置されている事の多い屋外設置のテレビアンテナ

雨風にさらされているこのテレビアンテナも猛烈な強さと勢いを持った台風の前では例外ではなかったようです

建物に被害はなかったとしても屋外に設置されていたテレビアンテナが、風により破損したり、方向が変わってしまったりで台風が去った後からテレビ放送が受信出来なくなったといった事例が各地で多発しております


日本の気象庁では三階級で表現される台風の強さ

強い(≒32m/s以上)

非常に強い(≒43m/s以上)

猛烈な(≒54m/s以上)
()内はいずれも風速


【出典】JAXA

木々をなぎ倒し、建物を倒壊させるほどの破壊力を持った風を伴う猛烈な台風が数度も日本列島を直撃した今年、台風が去った今でも様々な復旧作業がおこなわれてますが、テレビアンテナの破損により被害を被った方々も復旧作業を必要としています



問い合わせがすごい事に


ウチは工事会社なので、デベロッパーや建築等の業者相手の業務が通常なのですが、街の電器屋さんが近所から姿を消した昨今、お困りの人から工事の問い合わせ等もある為、フリーダイヤルやメールボックス等を開設してるんですけど、通常月に十数件あるかないかの問い合わせが3日ぐらいですでに10件超え

台風24号が過ぎ去った翌日ぐらいから会社のフリーダイヤルやメール問い合わせにはアンテナ工事の問い合わせが多数入ってきてます

いずれも強風によりアンテナが倒れたり曲がったりして、テレビ放送が受信出来なくなってしまったとの事




テレビが映らない状態が続いているのですからテレビ放送を見たい人にしてみたらお困りのことでしょう


ウチの会社のテレビアンテナも強風により倒れていたのですがあまり視聴しない為、隣のテナントビルオーナーさんから指摘されなければ気づきもしなかったです

落下していたら危ない所、それほど身近でも強い風が吹いていたのでした

設計風速超える


今回の台風24号は史上稀に見るほどの風速を撒き散らした風の強い台風

都心でも風速36m/s以上を記録し風の強い所では風速40m/sから56m/s超えを記録した場所もあるという

現在のアンテナ製品では風速50m/sでも耐えられるといった設計の製品も出ておりますが、通常のアンテナ製品では風速40m/sぐらいまでの想定設計ですし、老朽化や設置のされ方や仕方といった状態によっては設計風速以下であっても破損してしまう場合もあるので、強風だった今回の台風24号ではアンテナ被害がより増えたのでしょう

事実、後日行った工事では曲げようとしたってなかなか曲がらないステレンスの支柱でさえもグニャリと曲がってしまったアンテナが何件もありました




ウチの家も地デジ化される前からアンテナの受信方向にマンションがあり、通常で立てても受信状態が良くなかったので長めのマストで立てて受信していましたが、十数年前の台風の時に屋根の上でアンテナが倒れて見れなくなりました

再び倒れても面倒くさいので以来ケーブルテレビに切り替えてしまいましたが、しばらくテレビの映りがノイズ入って映ったり映らなかったりして悪かったのを覚えています

今のテレビ放送はデジタル化されてしまったので受信レベルによる映像の見栄えに差はありません、映るか映らないかの二通りだけ

既定値以下の受信レベルになってしまうとテレビ画面は真っ暗なまま画像は表示される事もなくなり画面に映像を映し出せなくなります



全国的にアンテナ不足


そんなアンテナ修理の依頼が増えた台風後、当然折れたり破損したりしたアンテナは使えなくなっているので、日程調整して工事に対応する為に材料屋にアンテナの発注をかけてみればまさかのご返答

在庫限りでアンテナが無い!

主なアンテナを発売しているメーカーに八木、マスプロ、DX等ありますがそのいずれのメーカーでも生産が間に合っていないそうです

台風24号だけでなくその前に西日本に上陸して被害をもたらした台風21号や地震等の災害によりアンテナ破損の事例が多発し、需要が増えた為に全国的にアンテナが品薄になってしまっているんだとか…

アンテナが在庫切れで入荷されないなんて初めて聞かされました


残念ながら折れたり、破損したりしたアンテナは現地での修理対応ができません、交換が1番安価で早いのですが物がなければどうにもならないのが我々工事業者

風に煽られて向きが変わってしまったぐらいなら方向調整で受信可能となる事もありますが、破損したのでは交換か新規取付けしか手段がないのです

ご依頼のあった方々は子供のいる家庭やお年寄り等、テレビ放送を楽しみにしている方たちでしたので何とも気の毒ですがアンテナが入荷されない事には工事を行えません

しかも入荷のメドすらつかず

日が経っても賃貸物件の管理会社や大家等からも依頼が追加されるほど問い合わせはなくなりません

数十件の依頼とは言え、通常業務に支障をきたすほどになってしまいました

街の電器屋さんがなくなった地域ではウチの様な工事業者に依頼でもしなくては解決しないのも残念です

アンテナ工事等は依頼でもない限り工事を行う事はありませんのでアンテナを在庫で抱えていない為、ご依頼があっても物が無いので至急対応できません

気の毒ですがウチでは入荷待ち扱い

平面アンテナはまだ入手しやすい


一般に普及しているアンテナは八木式アンテナと呼ばれる魚の骨の様な形をしたアンテナです

地デジ化される前からUHF局を受信する為に設置されていたアンテナでもあり、UHF帯域を使う地デジ放送に切り替わってからでも発信局方向に向きを変えれば現在でも使えるアンテナ

そのアンテナが不足しているのですが、最近の住宅向けアンテナでは屋根への負担軽減や外観上の見栄えからデザイン重視の平面アンテナというタイプのアンテナも各社から発売されてます

そしてそれらの平面アンテナは八木式アンテナよりもまだ入荷されやすい状況らしく発注すれば入荷されてきます

ただ平面アンテナですと電波強度の低い地域や設置の仕方によっては受信レベルが取れず、八木式アンテナに比べると万能で使えるとは言いきれないのが実情なんですが、対応出来るエリアでは十分アンテナとして立派に機能する製品です

アンテナの復旧を望んでいる人にしてみたらいつ入荷されて直るかわからないよりも、何でもいいから映るようにしてほしいって言うのが気持ちでしょう

入荷待ちでご依頼の方に早速連絡します


コチラはDX製平面アンテナ




中身はこんな感じで入ってます



これでも受信が大丈夫なら何件かは平面アンテナで工事出来る様になります


アンテナ工事は屋根次第


日本の住宅の屋根は様々です

屋根の造りだけでも切妻(きりづま)・寄棟(よせむね)・方形(ほうぎょう)・差し掛け(招き)その他いろいろな形の屋根があり屋根の勾配も住宅によって急な勾配したのや緩やかな勾配な屋根までその組み合せは様々です

屋根の材質にしてもガルバリウムやトタン等の金属系、カラーベストやコロニアル等のスレート系、洋風の家などにみられるコンクリート瓦や昔からの日本瓦まで屋根に使用される材質だって
いろいろあります

瓦なんぞは割れる恐れもありますし、スレート系では滑りやすいです、陸屋根(りくやね)と呼ばれる屋根でもない限りはどこにも水平で平らな所がないのが屋根の上であり、勾配のキツイ屋根に至っては下手すればそのまま滑り台の様に下まで加速して落下してしまいます

もっとも手間なのは既にあるアンテナを撤去する事、今回の様に風でやられてしまったアンテナは、曲がってバランス悪くなっていたり、既に倒れていたりなんていう状態だったりしてより厄介

おまけにVHFの邪魔くさいアンテナとかUHFのアンテナがWでついていたりパラボラも付いていたりなんていうのも当たり前、それを屋根上から落とさず屋根も傷つけずに下まで下ろさなくてはならないですから設置よりも撤去の方がリスク高め

ハシゴなんかじゃ危なくて作業できない時は高所作業車(バケット車)を使用しますが、足場でもなければ屋根上での作業が無理な屋根もあります

屋根によってはホントに危険ですから上った事のない人が屋根上で設置作業をするのはおすすめしませんし、より危険な撤去作業はいくら屋根上で危ない状態になっていても業者に依頼しましょう

アンテナ設置


ある1日、自分の現場の予定空けてバケット車を持ち出して5件ほど件の平面アンテナを使ってアンテナ復旧工事をおこないました

屋上になっているから平で写真も工事もやりやすかった3階建てのアパートの例です

コチラはALC3階建ての建物の壁面についていたアンテナ跡



既にアンテナは撤去した後の写真ですが3ヶ所留められていた壁面支持材のうち下2つが風に煽られて取れてしまい、かろうじて上のひとつにて落下せずにすんでいた状態でした

ちょっとわかりづらいですがガボっとえぐり取られて内壁の軽量の間柱まで見えてしまっているALCの外壁部分



風ってすごいパワー


ALC

ALCとは軽量気泡コンクリートの事です

旭化成のヘーベルもALCになります

外壁としては100mm以上200mm以下の厚さをした厚形パネルが使用されます


3mちょっとのステンレスの太い支柱に1mぐらいの大きなBSアンテナやU/Vのアンテナが取り付けられていましたがそれがズドンと風にヤラれて危ない状態でした

付いてる場所は屋上付近の建物の壁面

落下の恐れさえあります

バケットを伸ばしてアンテナを撤去して、壁面補修

新規でアンテナを屋上に設置です

階段づたいでも屋上に出れますから屋上での作業はなんの支障もありません

屋上は防水されているためベースをスラブに打ち付ける様な設置は出来ませんのでアンテナは屋上のフェンスに取付けました

再び風にやられてしまうリスクも少ないでしょう

集合住宅の場合、全世帯がテレビを見れない状況になっちゃってますから気の毒ですよね

30世帯なら30世帯が受信出来ないと、つまりテレビが映らない

例え平面アンテナでも電波を受信さえできれば問題は無いですから後は設置先での電波の受信状態がどれだけ良いかだけ

地デジ用平面アンテナとBS/CSアンテナ用意して電波状態を測定して取付けです



住民の方は映ってくれるの望んでますので受信してくれるといいですね






電波方向に向けてアンテナを取付け


BSのパラボラと違い仰角の調整はありません左右の向きだけです


アンテナ工事で欠かせないのが受信レベル等を測定するレベルチェッカーという測定器です



デシベルとかレベルとかチェッカーとか呼び方は人それぞれな測定器

大事なのは方向測定時にアンテナ受信オッケーのアンテナマークが出ている事とBERの値とC/N比の測定値になります

BERの値やC/N比の測定値が標準ですとだいたいアンテナマークが出てくれます
(液晶内右上付近のアンテナ図)


BER

ビットエラーレート(Bit Error Rate)の略

データがどれくらい正確に受信出来ているかの受信品質を判断する値

E-1からE-7までの表示がエラー回数の表示になり、0.00の表示状態でエラー無しとなる

【EX】E-4表示された時の場合では1万回に1回のエラーが発生する受信状態にある

テレビの映像上ではドロップノイズ等を起こしたりして安定した画像を表示出来ない状態に陥ります



C/N比

信号成分と雑音成分との量の比率(carrier to noise ratio)

信号品質の指標となるもので雑音量の比率が高いとC/N比の値は低くなる

C/N比の値が高いほど信号品質は良いとされ26db(デシベル)以上で良好扱いになる


アンテナ直下の受信レベルは46.8db(デシベル)と値としては低いですがこの位置がBERの値もC/N値もレベルも取れる1番最適なポイントです

既存でブースターも設置されてますから入力が低くても何とかなるかと




だいたい南南西の方向に向けろと言われるBS/CS110度アンテナは平面アンテナ方向とは真逆の位置への取付けになりました




パラボラアンテナ直下の受信レベルは76dbと拾えてます



後はアンテナからの配線を設置場所変えて届かなくなってしまった既存のアンテナ線に接続してあげればTV盤内のレベルと宅内レベルを測定し実際のテレビで映像を確認して終了です

いずれもオッケー

在宅していた子供もテレビが見れる様になって喜んでましたので平面アンテナが役に立って良かったです


尚、今回の工事では全ての物件で平面アンテナでの受信が可能であったので今後の強風に備えて設置場所をリスクが低くなる壁面やベランダ等に移設しました

受信さえ可能なら平面アンテナの方が施工的にもお客さん的にもメリットがあります

最後に


アンテナ工事を専門に行っている業者ならアンテナの在庫を抱えていたり、入手も早いかもしれません

便乗した詐欺事案もある様ですのでご注意下さい

ちなみに強風等でアンテナがダメになってしまった場合、火災保険が適用される場合がありますので保険の保証内容を確認されるか保険会社に相談してみて下さい

また工事業者に保険適用にて工事依頼される場合は写真等や撤去したアンテナ等も必要になると思われますのでその旨を伝えてから工事されないと後日トラブルになる場合もございますからご注意下さい


ウチの事務所のアンテナも早く直してほしいぞな
関連記事

    

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply