先ずはビールをお願いします。

先ずはビールをお願いします。

ディスクグラインダー





ベビーサンダー


建築現場でも使われる電動工具にベビーサンダーと呼ばれる製品があります

一般的にはディスクグラインダーと言われる電動工具



コレ


切断砥石等をセットすると切断砥石が回って鉄やステンレス等のパイプや板や丸鋼を切断する事が出来る電動工具




HIKOKI(旧HITACHI)やマキタやボッシュ、ヒルティ、リョービ等々、色んな工具メーカーから発売されてます

現場でディスクグラインダーと聞く事はほぼなくベビーサンダーとかサンダー等と通称で呼ばれている電動工具です

ベビーサンダーと呼ばれるディスクグラインダーの場合コンパクトでもある為、100Vタイプのコード式の製品の他に取り回しや電気のない所でも使えるバッテリータイプの充電式もあります

工具メーカーにより大きさや形や重さ、スイッチの位置や変速機能やブレーキ付とか使いやすさや能力等様々です

…で使っていたのは電気がない場所でも作業出来る便利な充電式のバッテリータイプ

他のバッテリー工具がパナソニック製品の為、充電池を使い回せるのでディスクグラインダーであるベビーサンダー(以下サンダー)も上記写真のパナソニック製を使用してました

が、先日このサンダーを使おうとしてみたら故障していたのを知る



壊れちゃいました


仕事で便利に使えるサポートツールのひとつに「ずた袋」と呼ばれるバケツ型した布地系でできたバッグがあります

帆布製の丈夫なやつから合成繊維で出来た物までいろいろ

ホームセンターでも売っていて安価でしかも畳めて便利なポップアップタイプのずた袋は何個も持ってて利用中


【出典】藤原産業H.P.ヨリ


両サイドでカチッとロックされた留め具を外してあげるとビヨ~ンと中にスパイラル状で入っている鉄線がバネ代わりとなってバッグの形を形成してくれます



使わない時は畳んでしまっておけて使う時にバッグにして必要な物だけ放り込んで使用したり、収納に困った細かい物や片付け面倒くさい時なんかもポンポン放り込んでおけるしゴミ袋が手元に無い時にはゴミ箱代わりにもなる便利なアイテム




ところが持っているコチラのバッグは某国製造品、縫製の始末が悪いからか値段的にも安いからか現場でハード目に使用していたりすると上の縁部分からたまに中の鉄線が場外してしまう物も存在します


事実今回2個目の場外品



1回チョロっと飛び出たら最後

そのスパイラルな形状からか使えば使うほどニョキニョキ突き出てきちゃいます

こうなると引っ掛かって危ないし車等に収納するのにも邪魔になります

しかもこの鉄線、バッグとしての性能を保持する為か結構丈夫で若干太い為、ハンド式の番線カッターぐらいでは簡単に切断して邪魔な部分を取り去りづらいんです




そこでまたサンダーで切り飛ばすかと車に常備させてるいつものサンダーを出して切ろうとしてみれば、いつも通り回転はしてくれるのだが砥石を押し当てた途端まるで電池切れなごとく回転は弱くなりやがて止まり全く切れないのです

最初電池切れかとフル充電したバッテリーに取り替えても一緒

切れません…

なんだ調子悪いぞ状態


そういえば先日雨の中で使用した時に回転停止後、先端部分から煙吹いた事を思い出しました

壊れたかとスイッチ押してもキュイーンと勢い変わらず回ってくれたので一時的にかと思ってそのまましまってしまいましたが、どうやらモーターか何かがその時にイッてしまっていたみたいで使い物にならなくなっていた模様

やっぱりモーター類は煙吹かしたらアウトの確率大きいですね

故障です


昔は本体製品とか値段も高く、壊れた時は修理等お世話になっていましたが今や充電工具も性能アップしてバッテリー工具製品の方が売れてる時代

おまけに値段も安くなってますから今のバッテリー工具等下手すると修理代の方が高くついてしまうなんてザラです

家電製品と一緒ですねえ


例えばこの壊れた状態になってしまったサンダーだって修理に出せばバラしと直し含めて安くても1万~1万5000円ぐらいかかるのではないでしょうか?

修理見積りにしても状態確認の為にバラされた時点で数千円掛かってしまいます

修理に15000円もかかるなら新品で本体だけ買うのとそんなに変わらないのでいっそ買い替えてしまえと修理費用がいくらかかるかとも問い合わせもせずに本体購入に



新品買う


…と言う事でパナソニック製品なのでそこらで買うよりも材料屋で買った方が安上がりにもなるし納品も早い

新品を購入しました



修理代より安いかもってぐらいな価格で手に入りましたネットよりも安いです


中身はこんな感じ



本体のみの製品ですから本体の他にはハンドルとロック回し用のスパナしか入っておりません


ただ開けて製品見て喜びです

やはり電動工具は新しいやつですね

今までのより改良されているんです

性能アップ


本体は18Vとの併用が出来るデュアルバッテリー、14.4Vでも18Vでもどちらの充電池も使えます

さらにタフツールIPが備わり防塵・耐水仕様になっていました


【出典】パナソニックH.Pヨリ


【出典】パナソニックH.Pヨリ


本体の大きさも若干ですが変わってます



左が旧型で右が新型です

前のに比べて少し短くなってます

元々よそのメーカーのサンダーに比べると本体が長くバッテリー装着時のバランスもイマイチだった為、片手では少し使いづらい感があった旧製品に比べ、少しずんぐりとし短くなった本体は前の旧製品より使いやすさがアップしてます(個人感)

ほんの些細な違いで別物感



スイッチの配置や操作は変わってないんですけどバランスとグリップ感が変わったので前よりも操作しやすい感じです(個人感)

ずーっとパナソニックはこんな感じかと使っていたサンダーですが新しいのは今までよりも少し納得いく作りになってくれてました

切断砥石の種類の多さ


本体が新しくなったので買い置きしてあった切断砥石をセット



このサンダーにセットする切断砥石も各メーカーより様々なのが出ていて値段も使用感も様々です

人気めなのはレヂトンの金シリーズでしょうか

有名どころでは金の卵



でも買った事ないんですレヂトン製の切断砥石

人からもらえたりするから自分で買う時は違うヤツ買います(笑)


電動工具と一緒でこの切断砥石も使う人の好みが出るところかも知れません

何しろ消耗品でその交換頻度は作業量に比例しますから色んなのがたくさん発売されてます

切れ具合も持ち具合も丈夫さもそれぞれ

個人的感想では某国生産品より国産品の方が切断中の切り粉飛び具合とか砥石の安定感や作業のしやすさとか調子がいい気がします


買ってみたいけどちょっとお高いタジマのスーパーマムシなんて良さげです



薄物切りに使ってるちょっと厚めの加研工業スーパースリム



ちなみに切断砥石の厚さは厚物の切断には砥石の厚みの薄い物が向き、薄物の切断には砥石が厚めの切断砥石が向いていると言われてます

厚物の切断は切断砥石の厚みが薄い方が削る面積が少ない分早く切断出来て焼けも少ないです

1mmと1.5mmでは0.5mmしか砥石の厚さは変わりませんがアングルなんか切ってみるとその切れの良さと早さは間違いなく1mmの方が調子よく感じられます



前のヤツより使いやすい


新品のサンダーは買ったし未使用の切断砥石もセットして、やっと邪魔くさかった鉄線が切れます

新品のサンダーが納品されるまで邪魔くさかった事

たかだか鉄線相手ですが嬉しい初使用です




前のより楽に片手でそのままスイッチ入れてキュイーンと回せるので左手で鉄線を逃げない様に押さえて作業出来ます

日立(現ハイコーキ)やマキタに比べたらイマイチ感あるけど前のサンダーより全然調子良く使えます

鉄線ですからあっという間にサクッと切れます

邪魔くさかったのがキレイに無くなりました



鉄線が飛び出てちょっと使う用でもなければ現場で使うまで壊れていた事に気づかなかった事でしょう

ただいつものクセでパナソニックのヤツをつい買ってしまいましたが先日、日立のハンマードリルを買えたおかげで充電池2個と充電器を入手出来たので、これからきっかけがあれば日立(現ハイコーキ)に充電工具は少しづつ買い替えしていこうと思っていたのをすっかり忘れていて、せっかくサンダーが新しくなったとは言え少し残念な気分

日立のマルチボルトハンマードリル DH36DPBを買う

待望の日立工機の工具過去記事にも書いてきた通り欲しかった日立工機製の道具を買いましたインパクトでもマルチでもなく一度も記事で触れた事のないハンマードリル(笑)


やっぱり電池を多く持っているのと慣れ親しんでいるせいでまだまだ移行は先のようです

しかも安く手に入れられる


いかんせん他社のバッテリーや充電器付きのフルセットを買うのは同種の工具はほぼ持っているだけに金掛かってそうそう手が出ないですから

パナソニックのヤツもパワーアップしてるみたいでこの先現場で使ったら納得いっちゃうかも知れません

結局新しいの買うきっかけで良かったのかも




関連記事

    

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply