先ずはビールをお願いします。

先ずはビールをお願いします。

今年も夏がやってくる


茅ヶ崎では浜降祭


梅雨があければいよいよ夏本番とも言われてますが関東ではまだ梅雨明けしていません

…が、ここ数日

梅雨もあけてないのにもう夏なんじゃないかと思うような暑い日が続いてます

飲みに行く茅ヶ崎のお店でも連日の暑さとそろそろやってくる茅ヶ崎の一大行事が最近の話題

そう!

茅ヶ崎にはこの時期

同じく夏の到来を告げる一大行事

浜降祭が今年もこのまま無事にいけば

来たる7月17日海の日に行われます






暁の祭典


暁の祭典と言われる通り

祭典は茅ヶ崎西浜海岸で早朝におこなわれます

早朝から祭典のおこなわれる茅ヶ崎の海岸に向けて、茅ヶ崎・寒川の参加神社からそれぞれの宮神輿が日付が変わった頃から向かい出します

真夜中に宮神輿を発輿させる宮出しがおこなわれ暗がりの中提灯に照らし出された御神輿が掛け声と人々と共に向かう行程は神事さを感じる事ができます

なかなか真夜中に神輿が担がれるなんてないでしょう

照らし出される神輿と揺れる提灯の明かりに聞こえてくるどっこい!の小気味いい掛け声

まつりって地元愛を感じれる行事のひとつじゃないかと…


嫌いじゃないですまつり!

血が騒ぎませんか?


今年は寒川・茅ヶ崎合わせて34神社からの宮神輿が参加するそうです

すでに明るくなっている4時頃を過ぎると各社を出た宮神輿が一番神輿を筆頭に祭典のおこなわれる西浜海岸に集まり出してきます

この時に神輿は海に入水しますので一番からの入水を見たい人は4時頃から開場にスタンバイしてないと見逃します

7時からは祭典が開始され

朝の8時には神輿はそれぞれの神社に帰ってしまいますのでホントに早朝の祭典です

     

臨時バスも運行


茅ヶ崎駅南口からは祭典に合わせて朝の4時から臨時シャトルバスも運行予定




ちなみに南口周辺の飲食店やお店などは祭典帰りの徒歩の人達で混みます

毎度のうわさでは海に近いお店から埋まっていくとか(笑)


さむかわ神輿まつり


また数年前より神社に帰る寒川の御神輿を駅前広場に集めて行われるようになった

さむかわ神輿まつりも同時開催



会場は寒川駅前の広場です

JR相模線寒川駅下車

北口駅前

JAさがみの看板が見える方に降りましょう

JR相模線


茅ヶ崎駅からJRだと相模線ホームから相模線に乗り茅ヶ崎から約9分ほどで到着します

茅ヶ崎→北茅ヶ崎→香川→寒川

単線のため運行間隔は約20分に1本

そして何より気をつけなければいけない事が相模線にはあります

知らない人には重要事項かもしれません

相模線のドア扉は自動では開いてはくれないのです!

扉脇の開閉ボタンを押して下さい

福島県内や宮城県内を走る常磐線とかと一緒です

他に降りる人や乗る人がいない場合自分でボタンを押さなければ扉は開かれない!

JR東海道線とかで扉脇に付いてるボタンを実用押ししたいと思っていたらチャンス!

相模線で実現できます


ちなみに寒川に飲みに行く時初めて相模線を利用した昨年

焦ってラインで聞いてしまいましたから

駅に電車いるのに扉開かないぞーってね(笑)

まさか神奈川県内で寒冷地仕様的な電車が走っているだなんてアンビリーバボーでした


寒川までしか乗ったことないけどきっと銀河系まで行ってるんですよ相模線

なにせ寒川には銀河大橋がかかってますから

ボタン押し忘れての乗り過ごしには注意です

寒川の次はアンドロメダかもしれません



あとがき


そんな初めて乗る人には注意の必要な相模線ですが乗ってしまえばサクッと付きます寒川駅

広場近くにはまつり開催に合わせてビールや枝豆やとうもろこし等を店先で提供してくれる素敵な居酒屋さんもあるとかないとか

暑い日差しの中、朝や昼からキンキンに冷えたビールとかってサイコーです

まさにお祭りバンザイ!

おまつり等って日本人のDNAなのかテンションあがりませんか?

ちっちゃい子供でさえも

家の近所で聞こえてくる

どっこい!どっこい!の掛け声と

鈴飾りの音を聞いて

「どっこい来た?」

「どっこい来たの?」とテンションあがりますからね


トラブルや怪我等ご注意して楽しい1日を


茅ヶ崎浜降祭サイト
はコチラから


どっこい!

どっこい!

どっこいそーりゃ!



せぇ~

白鷺みたよな

お方に惚れて

烏みたいに

苦労する


せぇ~

娘十七・八

蝶々がとまる

とまるはずじゃよ

華じゃもの


せぇ~

花が蝶々か

蝶々が花か

咲いてチラチラ

迷わせる
関連記事

    

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply