先ずはビールをお願いします。

先ずはビールをお願いします。

加熱式たばこが流行りの中




新たな加熱式たばこ製品


タバコ葉を燃やさず吸うから煙を発生しない加熱式タバコ

燃焼式の従来のタバコと違い副流煙を発生しないということからフィリップモリスが販売する「iQos アイコス」が先行発売と認知度から大ヒットし2017年現在でも品薄なほど人気になっている

6月末には日本たばこ産業株式会社が販売する加熱式たばこ「Ploom TECH プルームテック」を東京都内においても発売を開始し銀座や新宿にショップがオープンしましたし

7月からはKENTやCOOL、ラッキーストライクなどを販売するブリティッシュアメリカンタバコが販売している加熱式たばこ「glo グロー」がついに東京、大阪でも発売されることとなったり

市場規模が増えだしてる加熱式タバコ

嫌煙の風潮の世の中で家族からも嫌煙扱いされて家の中でも喫煙環境がなくなりつつある喫煙者にとっては需要が高まっている製品です

タバコ吸いの人間からしても確かに燃やして吸うタバコと違いメリットもあるのも確か

過去記事に書いたように汚れや灰カス等…

アイコスのポケットチャージャーが急にウンともスンともいわなくなったから分解してやったけど・・電池コレじゃダメなんじゃねえか?

今度はポケットチャージャーチャージャー中国製じゃないんだけどな~
いい加減ラクに買えてもよさそうなのに今だ入手しずらいアイコス今度はポケットチャージャーを壊すホルダーの充電器って言うか壊れた


禁煙風潮の世の中にあって進化した性能の加熱式タバコや電子タバコ等々発売され昔よりも選択肢の増えた現在、いろいろ試せるのも面白いです

事実ニコチン入っていないとは言え電子タバコは吸ってみたら気に入って増えたアイテムのひとつに・・

アイスティックピコで新たな電子タバコリキッドを試してみる

飽きずにまだ吸ってます電子タバコリキッド3ヶ月ほど前に買った電子タバコiStick Pico(アイスティックピコ)


そんな中さらに一つの加熱式タバコ製品を購入する


現在人気の加熱式タバコ

製品専用のタバコでしか吸えないのが不満

元々タバコ吸う人間は自分に好みの銘柄を吸い続ける傾向がありますから数が少なくたって慣れてしまえば気にもならないでしょうけど

もっと色々試したいと言う事で買ってみました

その名も

Gペンエリート




ちょっと前から欲しくなっていた喫煙製品です

Gペンエリートとは


米国Grenco Science社が発売している

ドライハーブ用のヴェポライザー


ヴェポライザーとは


ヴェポライザーとは、葉っぱが気化する200℃前後まで電気などの熱であたため、蒸発した成分を吸入する器具のことをいいます。

葉を燃やすわけではないので、燃焼させたときに発生する毒素やタールや一酸化炭素などの有害物質を含む煙はほどんど、もしくは全く発生しません。

もともとは医療用に開発された製品。アメリカ合衆国の一部地域をはじめ、カナダ・イスラエル・ベルギー・オーストリア・オランダ・イギリス・スペイン・フィンランドなどでは、末期エイズ患者の食欲増進や、ガンの化学療法に伴う吐き気の緩和のために、医療ハーブが処方されていますが、喫煙の際に有害物質が発生することが欠点でした。

ヴェポライザーが開発された後も、医学的に信頼でき、安全な利用を実現できるか立証が繰り返されており、現在では、使い方に大きな影響を受けるものの、ヴェポライジングは燃焼による喫煙より優れており、有用な成分を抽出し、望まれない合成物質を完全に除去できることが明らかとなっています。

ハーブを使わない日本でも、煙草を燃焼させずにフレーバーのみを気化させ蒸気を吸い込む、タールなど体に有害な成分を出さない喉や肺に優しい喫煙具としてファンが増えています。少なめの煙草で満足感が得られるうえ、煙草の香りと味がじっくり安全に楽しめるグッズです。

taimaya.jpヨリ



大麻が禁止されハーブも馴染みのない日本では市販されているタバコ葉等を加熱して吸うのが主な使い道でしょうか?

ウソかホントか本国アメリカでは人気らしくその影響なのか扱っているタバコ屋さんに買いに行ったら既に売り切れ状態

お店に頼んで取り寄せてもらいました


欲しくなると我慢きかないダメ人間です



開けてみた


買って開けてみたら

筒型のケースの中にはこんな感じで商品が入ってました



写真左からパッケージ、ガイドレリーフ、本体、クリーニングブラシ、Gペンツール、グラインダーカード、USBコードです


本体はこんな感じで




おまけにタバコ屋さんでサンプル品をサービスでもらう




本体の大きさはこれぐらいです



100sのタバコと並べてみた


アイコスとだとこんな感じ




アイコスほど充電はシビアではないもよう



パソコンからでも充電可能


本体側面にバッテリー残量表示




右にチラッと見えるボタンで温度調整




本体トップ部のマウスピースと呼ばれるパーツを外す




マウスピースを外した本体のセラミック状のこの中に吸いたい葉っぱ等を入れる




外したマウスピース裏側




使ってみる


さっそくシャグをほぐして詰めてみた



…がコレはいけない!

シャグは細かくしてあげる必要があるのだ

その為にカードタイプのグラインダーが付属(笑)



このGの文字の部分でグリグリやると簡易だが
葉っぱを細かくできるのだ


この上でグリグリすると



細かくなったのが穴から下に落ちる


何もしないよりは多少細かくなる




コレはちゃんとしたグラインダーを購入した方が便利ですかね




無いのでカード上でグリグリ

細かくしたらすんなり入る




後は本体真ん中のスイッチボタンを5回連続押しすると電源が入りGのロゴが光ります



電子タバコも連続押し5回とかこの辺は共通事項なのでしょうか…

ちなみに電源ONの状態で5回連続押しすると電源オフになります

ただ通常は5分ほどで自動で電源オフになりますからあまり必要はないのかも



Gペンエリートのスイッチが押せない


ここでひとつ注意!

この電源ボタン

意外とクルンと回転してしまいます

通常この様に葉っぱのマークが上を向いていますが




この様に回ってしまう事があります



葉っぱが傾いていますよね

こうなると電源ボタンが押せません


Gペンエリートのボタンが押せない!

押せなくなってしまうのです!



電源入れる事も切る事も出来なくなります

葉っぱのマークが真っ直ぐ上になるようにスイッチを回転させて戻してください押せますから

えっ?

オレのだけ…


ならいいんですが

最初気づかずに高温の為連続使用できないように電源が入らなくなるのかと思っちゃいましたから…

あれ?続けて吸えないぞってね

温度のせいなのか何なのか暖かくなると回りやすいみたいです

連続使用もできますからスイッチが押せない時は葉っぱのマークを確認してみて下さい

電源ON


電源が入ったら


液晶表示の所にある温度設定ボタンでお好みの温度を設定します

メモリー機能ありますので温度を切り替えない場合は次の使用からは設定しなくても大丈夫

電源入った後に電源ボタンを長押しすれば設定温度まで加熱して入れてある葉っぱを気化させてくれます

後はマウスピースを口にあて吸うだけです

吸う!


ちなみに同じ葉っぱを巻いて吸い比べてみました



久しぶりの登場!オートマティック器

手巻きタバコの巻き巻きするヤツ!オートマティック器とかを買ってみた

シャグにハマり中
前回にシャグと呼ばれる葉たばこ買ってローリングマシンとか言う名の巻き器を使って巻き巻きしてました先日土曜日の帰りがけに地元のたばこ屋に別の葉っぱ類を買いに行った時にオートマティック器なる別タイプの紙巻き器が売ってたので買ってみました


確かに違います

サンプルでもらったダークチョコレートとかいうシャグで試してみたのですがチョコレート感みたいなのは確実にGペンエリートの方がありました

味的に風味とか楽しめたのは加熱式でした

ただフイルターありのタバコに慣れているせいか吸い方が悪いのか

ダイレクトにきます(笑)

肺に入れこんじゃいけないんですか?


また紙巻きタバコや他の加熱式と比べてちょっと手軽な感じで吸うとはいきません

運転中なんて葉っぱをセットする事すら出来ないですからね

でも1本?っていうのか1回に吸う葉っぱの量は少なくてすみます

シャグの手巻きと比べても消費する量は明らかに加熱式の方が少ないですから経済的には1回吸うあたりの金額は加熱式の方が安上がりなんじゃないかと


ただそのまま葉っぱを投入している状態なので吸った後の処理も灰皿にポイとはいきません

ゴミ箱ゴミ袋推奨です

スモーク化され乾燥した葉っぱが出てきますから

風でも吹けば部屋の中に散りまくることでしょう

タバコ葉なら何でもOK


シャグ以外にもタバコ葉なら何でもオッケーなので紙巻きタバコの葉っぱを入れてみた

最初から細かいのでグリグリしなくても済む

代わりに紙巻きタバコをグリグリして葉っぱを落とす



1/3ほどの量で十分

中身はセブンスター

期待して吸ってみるが

慣れていないせいか吸った感じはフイルター付きのセブンスターの方がうまかった

ただこの方法ならセブンスターとか市販タバコを加熱で吸うことが出来ます

紙を剥かないでそのまま千切って放り込んでも加熱してくれます

アイコスのヒートスティックもいけます

ただしアイコスよりダイレクトにきますから温度設定がキモじゃないでしょうか?

刻みタバコとかでもそのままイケるんじゃないかな

試しておりませんけど

ついでで温度上昇の過程をgifにしてみました



温度表示は摂氏と華氏表示切替出来ます

電源ボタンとアップボタンを同時長押しで摂氏表示

電源ボタンとダウンボタンを同時長押しで華氏表示です



ちょっと工夫する


もっと楽にならないかと100均ショップに行って購入してくる

最初から砕いたシャグをストックしとけば楽なんじゃないかとそれ用に缶ケース




シャグを指でつまんで入れなくても楽に詰めれる様にとワインポーラー




ピッタリな感じしませんか?(笑)




スモーク化した葉っぱ捨てには




タバコにオマケの携帯灰皿利用



これで飛び散らない


これらを本体共々収納できるようにとポーチ




本体と一緒に買ってきたシャグではうまい方だと思うぺぺリッチグリーン




これをある程度砕いて缶ケースに収納



これで準備オッケー

の前に

ゴールデンバージニアが残ってたので




巻き器にあけていろいろ試す




シャグ用のフィルターを外紙ほぐして


本体に詰める!



取り出すにはGペーンツールか爪楊枝が必須だが吸い心地マイルドになりました


リキッドを数滴たらす



おもしろい!

ニコチンが入った電子タバコはこんな感じなのでしょうか?

リキッドが入ったため水蒸気も通常より出ます

リキッドの量を間違えるとむせます!

おまけに本体も焦げつきますから注意必要かも

でもリキッドたらして吸ったのとフィルターをのせてみたのは幾分マイルドになり吸いやすくなりました(笑)


普通のタバコの様に咥えて火をつけて吸うとかアイコス等の加熱式タバコの様に本体にセットしてボタン押して吸うだけ等の手軽さはないけれど

コレはこれでいいかもしれません




まとめ


電子タバコと一緒でいろいろやって楽しめそうです

ドライハーブも違法じゃないなら吸ってみることもできるし

色んなのをブレンドも可能

この加熱式は何でも吸える分、電子タバコと一緒で美味しく楽しむにはそれぞれにあった温度が重要なのでしょうか…

出先で吸うには手軽とはいきませんが家で吸うには量が少なくすむのでタバコ代の節約にもなります

加熱式ですからもくもく煙もでませんし燃焼でのみ生じる有害物質も抑えられます


ただちょっとこのGペンエリート値段が高いです

購入したタバコ屋さんでは¥18000也でしたから

何でも物は試しでございます

このGペンエリートの様にヴェポライザーと呼ばれる物は他にもイロイロあります

中にはフィルターをセットできる様になっているのもありました

興味ある喫煙者の方は試してみたらどうでしょうか?

ただし喫煙にはリスクが伴いますからお気をつけください

You Tubeヨリ Grenco Science 動画

おまけ


非公開希望の内緒コメントいただきましたので追記です

ヒートスティック


中に入れてしまえば加熱してくれるので加熱部に入りさえすればアイコスのヒートスティックも吸えます

ほぐして葉っぱだけ入れても吸えます

ヒートスティックをそのまま利用する場合は長さが長いので入る大きさに



アイコスのヒートスティックをこの様にポキっと折って短くします

ちょうど透明の嵩上げフィルターみたいな部分とドーナツ形のフィルターの間です

硬い部分とフィルター部分との間

使うのは葉っぱの方側



吸い口のフィルター側はポイです

丁度いい高さになるので真ん中辺りに立ててマウスピースをカツンとハメて吸えばアイコスのヒートスティックも吸えます



ただマウスピースで若干押さえこんでるのでひっくり返してもすんなり吸い殻は落ちてきません

温度により風味がかわります

アイコスよりも温度が高いからかフィルター折っているからなのか強め感アリで吸えます

アイコスと違って再び電源を投入すれば吸い続ける事もできます

横向きにして葉っぱの部分だけ入れるよりはこちらの方がフィルターがちょっとでもついてる分いくらかマイルドな感じがしました

いずれにしても好みの問題かと…

アイコスの様にブレード差して芯からジワジワ温めるのと違うようですので風味は同じではありません

独特の匂いも気になりません

アイコスよりもハードめにヒートスティックを吸えます

温度設定を低めで吸えばアイコス感あるのかとも思いますが試していません

ネオスティック


グローのネオスティックも同じように詰めれば吸えます

ネオスティック



パーラメントの様な吸い口




アイコスのヒートスティックと違い細長いです


先の方を入る長さで少しだけ切り離します



この吸い方だと1本で2回分吸えます(笑)


ただ吸いごたえ弱いので2本にして入れて吸ってます




元々フィルター部も短いネオスティック、フィルターなしで吸ってもキツく感じません

アイコスのヒートスティックよりもしっくりくるかも

温度は両方共195度以上で吸っています

参考になればと思っておまけ追記しました


関連記事

    

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply