先ずはビールをお願いします。

先ずはビールをお願いします。

クラッチスタートイラナイヨ


何でこんなのつけるんだ邪魔でしかない!

新車のキャラバン。

モデルチェンジしてからクラッチを踏まないとエンジンがかからないクラッチスタートスイッチが付いてしまっていた・・・


写真中央のポッチみたいなヤツがスイッチ


クラッチを踏むとこのスイッチが押されてエンジンがかかるようになるんだけど

これが車に乗りこまないとクラッチを踏み込めないので使い勝手がとっても悪い!

そこで!

足元見てみればスイッチからの配線が2本出てるだけ

だったらコイツを短絡(=ショート)しちゃえばいいんじゃね!

…と思ってはみたものの

その先でどーいう風に繫がっているかわからないし

短絡しちゃって

“常にクラッチ踏みっぱですよー”みたいな信号が働いて何かしら支障をきたすのも気持ち悪いので短絡するのはやめる事に

ならばスイッチでもかましてやろうとするも今度は手間考えたら嫌になり先延ばしに


それがついに昨日改修できたーー♪

配線引き回したりが面倒だったのでなかなか手をつけずじまいでしたが

仕事の合間に時間が空いたのでやっちゃいました

最近ホントに不便さが嫌になってきて尚更だった事もやる気ひと押し!


いざ作業へと

なので買ってきちゃいましたオートバックスで!


トグルスイッチ840円


後はお金使わず荷室あさって材料出す!


計装用0.5のsq線と被覆付スリーブ

わかりやすいように3色用意

圧ペンは奥だったので出すのが嫌になりリングスリーブ用で代用



トグルスイッチの取付場所は干渉しそうもない右側のオプション用ブランクへ設ける事にする



意外と格闘(笑)

…でこのオプションブランクがサクッと外れるのかと思ってマイナスをすきまから突っ込んでみても外れない!

結局サイドパネルを外して内側からマイナスドライバーを突っ込んでようやく外れる!

ただ最初にマイナスを突っ込んだ時のエグれが残ってしまった…



残念!





外したブランクにスイッチを取付るためにトグル部分が入るように12∅の穴開け!


ドリルにタケノコ!


その前に一応スイッチの極通確認


普通の3路スイッチと一緒でした

上に倒すと下と導通。

下に倒すと上と導通。

真ん中はニュートラル、通出ず


でブランクの真ん中に穴開けて裏側の邪魔になるプラスチックの耳をスイッチ入るようにカットしてヤスリでヤスってスイッチ取付完了!



配線段取りギボシ圧着



ポケットキャッチャー登場!



コイツをサイドから突っ込んで配線引き出し



スイッチ取付!



…で裏から差込



スイッチ設置終了!

後は取付たスイッチからの配線を色んなモノに干渉しないようにクラッチスタートスイッチのあるフットレストのあたりまで…

と配線回せば

うぉ!

ステッキ式のサイドブレーキがウザっ!

伸縮の時にひっかかりそうになる心配が…

日産NV350キャラバン

オートマ車等の標準サイドブレーキがフット式な為

マニュアル車に限りサイドブレーキがステッキ式


手を突っ込めばハンドル側に支持材がある。

1度ビスを外してパネルを浮かせて回り込ませれば回避出来そうな感じ

しかしビスを外そうと思ったらこれが変な形のヘックスビス!

でも平気!特殊ビットありますから



ビスを外してパネル浮かせて支持材の向う側に配線回避

後は既存の配線ルートにのっけてフットレスト下まで、きた道をインシュロックで配線固定



結線しやすいように長めにとっておく

結線作業はもぐる格好で“狭っ!狭っ!狭っ!”と何度も独り事を言いつつ、既存の配線盛り替える

半分イヤになりながらやったので写真スルー



終了後インシュロックで結束

全工程おわり。

無事終了!

エンジンかけてみる!

スイッチ上でクラッチレススタート♪



スイッチ下で今までどおり



スイッチ中立でエンジンかかりません。


これで走行中は中立か下倒しで支障ないはず♪

参考になればと配線図のせときます


サムネイル表示なのでタップすれば画像表示するかと

そしてお決まりの1言!

自己責任にて願います

ちなみにインシュロックと書いてますが使用したのはPANDUIT(パンドウイット)です

パンドゥの方がしなるので…

良かった良かった

タバコ8本。ジュース2缶。1時間弱かかってしまいましたがクラッチスタートスイッチを回避できて満足♡

これで車に乗りこまなくてもエンジンかけれる!


世の中にはオートマ嫌いなマニュアル派もいるんだからもうちょっと考えろー

キャラバンなんか1番下のグレードにしかマニュアル設定ないし

ありえないだろバン車のくせに




関連記事

    

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply